頭蓋骨の構造

頭蓋骨は一つの塊ではなく23個の骨が組み合わさってできています。

頭蓋骨の構造頭蓋骨の模型

骨のつなぎ目は縫合といい、ギザギザした骨同士がかみ合っているような状態ですが、ほんの少しの隙間があり、動くことができます。

頭蓋骨矯正とは

このつなぎ目(縫合)が固くなり動かなくなるとその骨の周りの組織は緊張し、神経、血管を圧迫してしまいます。

その結果、頭痛、目の奥の痛み、眼精疲労、めまい、耳鳴りなど様々な症状を引き起こします。

また、頭蓋骨が動くのは脳の周りを満たしている液体、脳脊髄液の圧力を調整し、循環させるためですので、脳神経すべてに影響があります。

つまり頭蓋骨矯正(頭と顔の整体)の目的は

  • 頭蓋骨のつなぎ目を緩め、一つ一つの動きを正常にすることで緊張した組織を解放し、神経、血管の流れをスムーズすること。
  • 脳脊髄液の圧力、流れを正常にして脳神経の働きを良くすること。

にあります。

頭蓋骨矯正の様子

頭蓋骨が解放される過程はとても気持ちよく、患者さんの感想は

 『ふわーと気持ちよくなって、体全体が軽くなりました。』

 『目の前が明るくなって意識がはっきりして感じです。』

というのが多いですね。

頭痛、めまい、眼精疲労、自律神経失調症など効果は抜群です。

このようなお悩みがある方や、単にストレスが多くて慢性的な疲労感がある方などはぜひ受けてみてください。

 

Pocket