『椎間板ヘルニア』は背骨の骨と骨の間にあってクッションの役割をする『椎間板』

が押しつぶされて中身が飛び出した状態です。

骨と骨の間が狭くなっていたらヘルニアの可能性はあっても断定はできません。

椎間板はレントゲンには写りませんので、確定診断のためにはMRIで撮影した

椎間板の状態を確認する必要があります。

それなのに、『軽いヘルニアの疑い』というあいまいな表現で患者に説明をします。

なぜかというと

「原因がわからない」と患者に言えないから

椎間板ヘルニアとは診断しないけどその疑いはあるよ。というあいまいな説明でごまかしているのです。

それが近年ではヘルニアの手術をしても痛みが取れないケースが増え、ついには原因不明またはストレスなどによるメンタルの問題という逃げに走っているのです。

その結果、患者は腰が痛いのに心療内科にまわされて効きもしない薬を処方されてしまうという悲惨な状況に陥るのです。

腰痛は画像診断ではわからないところに原因があります。

『軽いヘルニア』と言われたら医者には原因はわからないんだなと割り切って、整体、カイロプラクティックなど真の原因を調べて改善できる所をさがしましょう。

 

 

Pocket